爺の投資生活

投資関連を中心にしながら政治など気になることを書き連ねます

◎  選挙を巡っては混沌としはじめるが、株価は堅調といえますね、ケネディクスは上値追いの様相 




今日の日経平均は配当落ちを考慮すると指数は底堅く動いた感じがします。為替もいつもの上値114円台を狙い始めたようです。
米国金利も強含みとなり、一方でダウはやや弱い展開となっています。
日本は解散総選挙となるわけですが、小池旋風が波乱を起こしそうですが、株価はまだ堅調ですね。やはり民進党と違い、基本は保守系の動きとなるので、ある意味2大政党制の原型を作るようなこともありえますね。共産党と民進党が躍進する構図と違い、野党が強くなっても株価への影響はそう大きくないのかもしれません。これも、選挙戦に入って世論調査が出るたびにどう動くか、気になるところでもあります。
当ブログとは関係はないのですが、前原さんは下手くそですね。こういう運命の人もいるんでしょうかね、代表になればすぐに足元がぐらつく、まあ、こんな人生を歩む人も世の中にはいるのでしょう。

今日はケネディクスが何と言っても目を引きました。中間配当はないので配当落ちはないものの620円台まで来ましたね。上がり方も、本尊がしっかりと株価をコントロールしてますね。どこかで調整にはなるでしょうが、長期での上昇をイメージさせますね。循環的には、最初の上昇3ヶ月、その後3ヶ月の調整、今は上昇過程の1ヶ月目ですので、調整はあっても3ヶ月ぐらいの上昇は有り得そうですね。再度インしようと思いますが、今回は売りからのインを狙っているので様子見です。

ケネディクス92701 (2)


一方、日本精工も値幅的にはケネディクスに近い上昇ですが、こちらは少し頭打ち感が出てきました。とはいえ今日は寄りで買いを入れて買い持ち数量を増やしました。

日経平均も為替もまだまだ上値追いの形ですね。この時期逆張りは難しそうで、確実に下落サインを見てから売りに入ったほうが安全でしょう。

92701.jpg


ユビキタスが、今日も量子コンピュータ関連で買われました。こちらは小会社が商社機能でアメリカのメーカーの販売権を持ってるということで、それだけではあまり業績的には影響はないようなのですが、ユビキタス本体との連携があると大きいのでしょうが、どうでしょうか? 自分としてはやはり基本は現ビジネスの業績改善のほうが大事かと思っています。追加買いは業績改善にリンクさせようと思います。




スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://livemoor.blog.fc2.com/tb.php/929-9ea1af05


back to TOP