爺の投資生活

投資関連を中心にしながら政治など気になることを書き連ねます

◎  地政学を気にしつつも反発か、ケネディクス、中村超硬決算は好感ですな。 




前週末の悲観的な感覚から行くと、今日の日経全体の動きはそれほど悲観したものではなかったですね。

依然として、キャッシュポジションですが、少し所有している銘柄の中で、先週木曜日にケネディクスと中村超硬の決算が出ました。
ケネディクスは、決算そのものは保守的なままでしたが、株主還元で配当を6円に上げてきました。内容的にはどうかなと見ていましたが、今日のザラ場の動きを見ていると、買い支えている筋の意向は組んだ内容だったのでしょう。流動株が相当座れてるのでしょうね、売り込む力もないようです。とは言え、大きく買い進むというようなこともなく、きっと下がれば買い増したいと思ってる向きには、下がらずに強いと感じてるでしょうが、大きくポジションを持った向きは、この地合でこれぐらいなら御の字と言い聞かせてるというようなところでしょうね。当面は大きく上に向かうというようなところはなさそうですね。
日足チャートをみるとl長短移動平均線が集中し始めており、どちらかへのブレイク(上に見えますが)近しという感じです。普通なら強気なのでしょうが、どうも地政学リスクが何度もマーケットを揺すぶりそうですので、600円に届くのは難しいのかなとも感じています。

20170814001ke.jpg


中村超硬は、おそらく第2四半期で達成する営業利益ベースまで早く到達したのでしょう。第2四半期の上方修正という形で打ち出しました。通期の上方修正も確定的なのでしょうが、これが第2四半期でくるのか第3四半期まで見るのかということになりますね。いずれにしても、シリコウエハー用のダイアモンドカッターのところだけで、営業利益を伸ばしており、新規事業ネタがニュースになるごとに吹き上がってくるのでしょうね。ここまで業績が戻ってくると2000円台は割安感が出てくると思います。3000円を超えて、来年は6000円というような感覚で見てもいいかもしれませんね。成長性のほうに愉しみがある企業になれそうですね。

20170814002na.jpg

さて、主力の資金投入先をどうするか悩ましいところですが、やはり9月は下という感覚はまだ変えていませんので、しばらくはキャッシュポジで行こうと思いますね。

夏休みもいいでしょう。



スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://livemoor.blog.fc2.com/tb.php/898-e2237e49


back to TOP