爺の投資生活

投資関連を中心にしながら政治など気になることを書き連ねます

◎  膠着した日々ですね。いちごはまだまだ上値が重いようで、300円割れならば・・・ 




どうも日本市場は、為替も株も夏休みでしょうか?アメリカ市場はダウが最高値とか言われていますが、出来高はすくないらしく熱狂感はないと言われてるようです。
どうも夏枯れしてるような感じですね。
私の方は、ずっと観察のみで相場には参加してない状態です。

昨日はいちごの第1四半期決算が出ましたが、フローの収益がまったく進んでなかったようで、数字的には20%も到達してない状態ですね。ただ、7月には大型案件の売却が進んだようで、第2四半期は少し持ち直しの動きが想定されるような数字でした。とはいえ、先期からの利益減は回復しそうもなく、今の株価前後でしか当面は推移しないように感じますね。1年先を考えて買いを入れる向きもあるでしょうが、スイングレベルで買う向きは、きっとうまく投げさせられて高値づかみと空売りの餌みたいになってしまうのでしょう。名前通り、一期一会で2回、3回という参戦はしないほうが良さそうな感じです。
こうなってくると、自己資本の薄さと配当が減額されないかとか、株価を下方に降っていくリスクのほうが多いように感じられます。

ケネディクスは、ヨコヨコの動きが継続しています。当面530円前後の動きとなるのでしょうか?これまでの経験上、こういう動きのあとは、一度下げて底を見に行かないと反転しなかったことがほとんどだったように思います。日経平均の崩れに伴って500円を割り込む、という展開も十分に考えておく必要があるのではないでしょうか。

日足のフィボナッチで見ていると、525円が50%地点で今はここを節目として530円前後という動きですが、その次のポイントは507円あたり、ここを抜けると500円割れとなりますので、下方圧力を感じざるを得ないですね。エリオットの保有目的がどこにあるのか、なかなか見えませんが、持ち高を減らすでもなく維持してるところを見ると、何らかのメリットがあるのでしょうが、この株価で新規に資金を入れるにはまだ高いのかもしれません。

2017071401kene.jpg


なかなかいい話ができないで、日々眺めてるだけというのは寂しい限りですが、少なくとも資金を減らすリスクはありませんので、これから海外勢が夏休みに入っていくシーズンですし、9月を挟んで株価は下げることが多いということも含めたら、強気の買いはやらないほうがいいように思えますね。
私の方は、中村超硬が安くなれば少しずつ拾うつもりですが、今日は最後の方で反発したのですね。指値には届いていませんでした。しばらくは小型株のほうですね。
人手不足関連で、最近夢真関連を見ています。夢真は、配当が4%を超えていますね。株価がもう少し下がれば買ってみたいなと考えていますが、今は極大値近辺かな、上はしんどいのでしょうから、下を待ってる感じです。


スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://livemoor.blog.fc2.com/tb.php/874-c72f76ba


back to TOP