爺の投資生活

投資関連を中心にしながら政治など気になることを書き連ねます

◎  日経平均が20100円を超えてきました。ケネディクスも戻りを試し始めたが・・・ 




アメリカは早速切り返しダウは高値を取ってきました。熱狂なき高値更新ですね。日本株も今日は為替が少し円安気味に推移したこともあって20100円を回復してきました。終値では20144円ですね。

キャッシュポジでいると、日経が回復してもあまりピンと来ません。実際のポジションで自分の気持ちはいろいろ揺れるとということですね。
引け後もドル円は円安側に動いており、現在のところ112.4円近辺です。為替は日足ベースでは110円割れに向かってるような動きですし、この間の持ち合いのレンジ1098.5円~114.5円あたりは意識せざるを得ません。今日は円高局面の中だるみとなった日なのか、はたまたここで円安側へ切り返すのか、丁度そんな分岐点ですね。
株価で言うと、日経平均の20200円を超えてくるのかどうか、従来通りのボックスで推移するのかどうかというポイントでもありますね。

ドル円を1時間足を張っておきます。

20170720001kawase.jpg

今回の下げの途中一服ですが、少し戻りが強い感じですね。111.5円あたりで2回反発しており、少なくとも115円へ届かないにしても一旦は戻り基調になるかもしれません。今夜の海外時間で動きがポイントでしょう。

最近は、いろんな銘柄を見てますが、やはりきになるのはケネディクスの動きですね。フィボナッチ50%の525円で反発してきました。今日は8円高の538円で久しぶりの1%超えですね。不思議なもので、たった8円でもよく上昇したなと感じます。売りの圧力はだいぶなくなってきた感じですが、日経が下げたときの下値の強さがどうでしょうか?
だいぶ押し始めてから時間が立ってますから、反発はあってもいいように感じますが、9月は鬼門という感じもして、ポジションを取る材料がほしいところです。

20170720002kene.jpg


夏休みという感じで見ています、あまり上には行かないほうがいいのですが、またアメリカの政治状況も気になりますね。やはりアメリカが調整に入るリスクを感じてしまいますが、どうでしょうか?




スポンサーサイト

◎  オバマケア廃止法案の行方次第でダウの下落あるか? ケネディクスは下へのリスク大へ 




最近のアメリカの連銀関係者の発言から、利上げ時期がやや交代気味となっており、ドル安が全体的に進行し、ドル安円高が進行、日本株が海外に比べても弱い動きとなっています。今日は、日経平均終値で2万円を割り込んできました。

だいぶ持ち合いが長くなってきており、結構慣れてしまって、上に行くような感じは全くしないが、下へもリスク感が麻痺してきたところなのでしょうね。

こういうときに、一気に下値を崩されて大きく日経平均が下落する事があるように感じています。今は上値リスクよりも下値リスクに対して対応しておくことが必要なんだろうと感じています。

特に、アメリカの上院では共和党から2名がオバマケア廃止法案への反対が出ているとの報道で、同法案は再度暗礁に乗り上げそうですが、結構株価に対してはネガティブなインパクトを与えるのではないかと思って見ています。

今夜あたりのニューヨークの動きは注意点かもしれませんね。

私の方は、依然としてキャッシュポジで、ケネディクスは持ち株なしで再参入時期がくるかどうかという視点で見ています。
今日も小幅安で526円ということで、ポイントの525円を挟んだ攻防となってきました。ここを抜けると500円台へ下落すると思われますので、500円割れも見ながらとなるように感じてます。

他に注目してみているのが、2362夢真、ここは700円台前半があれば参入もあるかなという目線です。

3244 サムティが、強い日足を描いて上昇していますね。すでに50%ほどは上昇しており、どこで押すかというところでしょうから、そう簡単には参戦できませんが、今後化けていく可能性もあり、注目しながら見ています。

なかなか夏休み感覚で、緊張感がない日々となっていますが、休むときは休むでいいのではないかと思います。

大きな下げを待って、そこで全力買いということでしょうね。





◎  07/15のツイートまとめ 

kabujiisan001

安倍首相「重病説」の真相…政治評論家・森田実氏が語る 二階氏とのランチ会談では「うな重」完食(夕刊フジ) - Yahoo!ニュース https://t.co/MKMq7O1vBV @YahooNewsTopics
07-15 21:27

◎  膠着した日々ですね。いちごはまだまだ上値が重いようで、300円割れならば・・・ 




どうも日本市場は、為替も株も夏休みでしょうか?アメリカ市場はダウが最高値とか言われていますが、出来高はすくないらしく熱狂感はないと言われてるようです。
どうも夏枯れしてるような感じですね。
私の方は、ずっと観察のみで相場には参加してない状態です。

昨日はいちごの第1四半期決算が出ましたが、フローの収益がまったく進んでなかったようで、数字的には20%も到達してない状態ですね。ただ、7月には大型案件の売却が進んだようで、第2四半期は少し持ち直しの動きが想定されるような数字でした。とはいえ、先期からの利益減は回復しそうもなく、今の株価前後でしか当面は推移しないように感じますね。1年先を考えて買いを入れる向きもあるでしょうが、スイングレベルで買う向きは、きっとうまく投げさせられて高値づかみと空売りの餌みたいになってしまうのでしょう。名前通り、一期一会で2回、3回という参戦はしないほうが良さそうな感じです。
こうなってくると、自己資本の薄さと配当が減額されないかとか、株価を下方に降っていくリスクのほうが多いように感じられます。

ケネディクスは、ヨコヨコの動きが継続しています。当面530円前後の動きとなるのでしょうか?これまでの経験上、こういう動きのあとは、一度下げて底を見に行かないと反転しなかったことがほとんどだったように思います。日経平均の崩れに伴って500円を割り込む、という展開も十分に考えておく必要があるのではないでしょうか。

日足のフィボナッチで見ていると、525円が50%地点で今はここを節目として530円前後という動きですが、その次のポイントは507円あたり、ここを抜けると500円割れとなりますので、下方圧力を感じざるを得ないですね。エリオットの保有目的がどこにあるのか、なかなか見えませんが、持ち高を減らすでもなく維持してるところを見ると、何らかのメリットがあるのでしょうが、この株価で新規に資金を入れるにはまだ高いのかもしれません。

2017071401kene.jpg


なかなかいい話ができないで、日々眺めてるだけというのは寂しい限りですが、少なくとも資金を減らすリスクはありませんので、これから海外勢が夏休みに入っていくシーズンですし、9月を挟んで株価は下げることが多いということも含めたら、強気の買いはやらないほうがいいように思えますね。
私の方は、中村超硬が安くなれば少しずつ拾うつもりですが、今日は最後の方で反発したのですね。指値には届いていませんでした。しばらくは小型株のほうですね。
人手不足関連で、最近夢真関連を見ています。夢真は、配当が4%を超えていますね。株価がもう少し下がれば買ってみたいなと考えていますが、今は極大値近辺かな、上はしんどいのでしょうから、下を待ってる感じです。


◎  07/13のツイートまとめ 

kabujiisan001

物価上昇率、日銀下方修正へ…「2%」達成遠く(読売新聞) - Yahoo!ニュース https://t.co/X8sodI7Cit @YahooNewsTopicsやはり下方リスク大のような。アメリカの金利と為替と株価はバランス悪いし・・・#日経平均 #ドル円
07-13 17:44

いちご四半期決算、悪すぎ。昨年同期比で悪化は織り込み済みでしょうが、達成率が20%届かずのようで・・・だいぶ売られそうですね、自信があれば買い場が来るのでしょうが、経営の中身が見えない個人は手が出ないような。文字通り一期一会の銘柄となるかもしれませんね。 #いちご #ケネディクス
07-13 17:40



back to TOP